脇毛 処理 女

MENU

絶対失敗する綺麗になれない脇毛処理方法は毛抜き、カミソリ、ソイエ、除毛クリーム。

脇毛処理にはいろいろな方法がありますが、中にはやってはいけない物、絶対に失敗するという物もあります。

 

まず、「毛抜き」を使う脇毛処理。これは、脇毛処理の中でも失敗しやすい方法です。

 

確かに、「自分でも簡単にできる」「仕上がりもキレイ」「1週間くらいは目立たない」というメリットはありますが、しばらくすると「埋没毛」がたくさんできてしまいます。
この埋没毛は、一度できてしまうと簡単には治りません。

 

次に、「カミソリ」を使う脇毛処理。これも、失敗しやすい脇毛処理の方法です。

 

毛抜きと同じく手軽ではあるのですが、刃物を使うのは肌を傷付けるリスクが高いうえ、脇の肌は薄いため、誤って切ってしまうと数日間は痛みが治まりません。
そして、肌から出ている部分だけを除去しているため、すぐに毛が伸びてきてチクチクてしまいます。脇に黒いポツポツができてしまう人もいるのでやらない方がいいです。

 

脱毛器の「ソイエ」を使った場合は、上記の二つよりはマシですが、毛を引き抜くというやり方なので、肌に負担がかかりますし、脱毛直後は毛穴が真っ赤になってしまいます(数時間で治まりますが)。

 

ですから、出かける直前などには行えません。

 

「除毛クリーム」を使うという手もありますが、この主成分は「アルカリ性化学物質」であり、肌に合わないと、すぐに炎症が起きてしまいます。

 

除毛クリームは、一瞬で毛を溶かす効果がありますが、それだけ刺激の強い成分が入っているということです。
ですから、肌の薄い部分に使うのはおすすめできません。

 

このように、手軽な処理方法程、効果が薄くすぐに毛が生えてきます。
しかも肌トラブルのリスクがあるので、どうしても一時しのぎで処理が必要な場合を除いてはやらない方が賢明です。

 

こちらに全身脱毛の格安キャンペーンが乗っています。http://depilation-kichijoji.com/。全身脱毛も昔より安くなっていて、月払いのタイプもありますのでおすすめです。

脇毛処理にお金をかけたくないなら、ミュゼやTBCの脇脱毛キャンペーンがワンコイン価格。

女性なら誰でも手を焼いたことのある脇毛処理。

 

特に薄着の季節になるとどうしても頻繁に処理をしなければならないですし、女性として腋毛はどうしても避けたいですよね。
脇毛は嫌な臭いが付着する原因になってしまうこともあることから、この脇毛処理に手を焼いている人は少なくないのです。

 

しかし無理に自己処理をしてしまうことはおすすめ出来ません。

 

毛抜きで1本1本丁寧に抜いていくことはかなりの時間を要しますし、無理に抜いてしまうことによって毛穴の炎症を促す原因にもなってしまいます。

 

炎症を起こしてしまった後に細菌が入りこんでしまうと、化膿してしまう原因にもなってしまうのです。
また、カミソリでの脇毛処理も色素沈着の原因になってしまうことからあまりおすすめ出来ません。

 

そこでおすすめしたいのが脱毛サロンによる脇脱毛です。

 

最近のサロンでは脇脱毛は目玉商品となっており、お得な価格で施術を受けられるところがとても多いのです。

 

数ある脱毛サロンの中でもほとんどお金をかけずに脇脱毛出来るのが、ミュゼやTBCです。
ミュゼやTBCの脇脱毛はキャンペーン価格適用でワンコイン価格で施術が出来てしまうのです。

 

しかもその内容は脱毛し放題ということもあり、自分が納得するまで施術を行うことが出来るのです。
ワンコイン以下で脱毛し放題メニューが受けられるなんて、一昔前では全く考えられないプランです。

 

このように最近の脱毛サロンでは安い価格で脱毛が受けられるので、脇脱毛を安く受けたいならミュゼやTBCがおすすめです。

自宅で脇毛処理なら家庭用光脱毛器ケノン、レーザー脱毛器トリアが効果的

夏の季節になりますとどうしても目立ってくるのが全身のムダ毛です。

 

特に夏は肌の露出が多くなる季節なので水着など普段お手入れをしない部分もしっかり処理しなくてはいけない場合などは、全身脱毛をするためにもエステサロンや脱毛サロンを活用する必要が出てきます。

 

しかし自宅近くにエステサロンや脱毛サロンがないと気軽に全身脱毛や脇毛処理することが出来なくなってしまうので、自宅で気軽にお手入れをするためにも最近注目されているのが家庭用脱毛器であるケノンやトリアを利用する方法です。

 

ケノンは光脱毛器でトリアはレーザー脱毛器になっており、どちらの製品もエステサロン並の脱毛処理をすることが可能になっていますので、今まで脇毛処理をしたことで黒ずみになって困った経験のある女性などは、肌への負担が少ないケノンやトリアを活用することによって、デリケートな部位であるアンダーヘアや脇毛処理も気軽に行えるようになるのです。

 

ただどちらの商品も家庭用に改良されている脱毛器なので、どうしてもエステサロンや脱毛サロンで行われている光脱毛よりも効果が劣ってしまう恐れがあり、脇毛など毛が太く脱毛をするまでに時間がかかってしまう部位にかんしては綺麗になるまで根気よく脱毛器を照射させる必要も出てきますので、自宅で気軽にお手入れをしたい方は家庭用脱毛器を使用して、短期間で効果的な脱毛効果を期待したいのであればエステサロンを利用するなど使い分けが必要です。